特亜

【レーダー照射】韓国側、当初は日本政府に公表しないよう要請 日本の積極的な対外発信は想定外

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/12/28(金) 20:27:59.59 ID:3HHviDoI0● BE:201615239-2BP(2000)

韓国国防省は28日夜に声明を発表し、政府間で協議を続けているさなかに防衛省が映像公開に踏み切ったとして、「深い憂慮と遺憾」の意を表明した。

声明は、韓国海軍の駆逐艦による火器管制レーダーの照射を改めて否定した上で、「映像は単純に、日本の哨戒機が海上で旋回する場面とパイロットの会話の場面だけを収めたものだ。火器管制レーダーを照射したとの日本側の主張の客観的証拠と見ることは常識的に難しい」と反論した。

韓国軍関係者も記者団に、「日本側はレーダーを照射されたと言いながら、周波数の特性を一つも公開していない」と述べ、証拠は不十分との認識を示した。むしろ海上自衛隊のP1哨戒機が駆逐艦の上空150メートルまで接近するなど、韓国側に「相当な脅威」を与えていたと主張した。

日韓関係筋によると、韓国側は当初、一連の問題を公表しないよう日本政府に要請していた。日本側がこれを受け入れず、積極的な対外発信に踏み切ることは想定外だったとみられる。

問題発覚後、韓国メディアが「日本の過剰反応だ」と反発するなど国内世論は硬化しており、韓国政府としても強気の態度で日本に臨まざるを得ない状況に陥っている。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20181228-OYT1T50090.html

 

引用:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1545996479/

Source: 極東アイアン速報

-特亜

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.