保守

チェーンソーで暴れる引きこもりの息子を殺害した父親、「ほっとした」

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/12/23(日) 13:13:02.96 ID:MNJC+KJy0 BE:194767121-PLT(12001)
43歳の息子に手をかけたのは父親だった。20年間にわたって自宅に引きこもり、家族に暴力を振るってきた愛息。父は殺害直後、こう思ったという。
「ほっとした。もう殴られない」。息子は心に病を抱えていたとみられるが、適切な医療を受けることはなかった。2人を、この家族を救うことはできなかったのか。
 9月中旬、長野地裁。殺人罪に問われた男(70)に懲役5年の有罪判決が言い渡された。判決によると、男は今年2月、長野県上田市内の自宅で、
居間で寝ていた長男(当時43)の頭を、金づちで何度も殴って殺害した。
 裁判員裁判でのやり取りや記録から事件をたどる。
 男は妻と長女、長男との4人暮らし。長男は専門学校を中退した22歳ごろから自宅に引きこもりがちになり、家族に暴力をふるうようになった。
長男が暴れると、男と妻は自宅隣の倉庫にいつも逃げ込んでいた。
 長男が30歳を過ぎたころだった。我が子の対応に困り果てた男が妻に切り出した。「殺しちゃおうか」。妻は「私がやります。
お父さんにはまだ働いてもらわないと困るから」。1カ月後、妻は息子との無理心中を図り、命を落とした。
 妻の死後、しばらくはおとなしかった長男。それが昨秋ごろ、再び暴力的になった。チェーンソーで自宅の柱や壁を傷つけ、
溶かしたセメントを自宅内にまき散らした。男は事件の1カ月前、「頭にくる。殺したくなる」と長女に語った。長女が止めると、
自分に言い聞かせるように何度もつぶやいた。「そうだよな」

https://www.asahi.com/articles/ASLBL6T8WLBLUOOB00R.html

引用元: チェーンソーで暴れる引きこもりの息子を殺害した父親、「ほっとした」

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ

http://parts.blog.livedoor.jp/plugin/ldblog_rss_plugin.js

new ldBlogRssPlugin('http://www.2chmatome2.jp/rss?c=news', '5', '_blank', 'ldb-rss-1659784');


続きを読む

Source: ネトウヨニュース

-保守

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.