保守速.net
https://hosyusoku.net
特亜

ウナギ稚魚を繰り返し持ち出しか、韓国籍の男らを逮捕

1:ななしさん 2020/07/31(金) 06:48:28.01

ウナギ稚魚 繰り返し持ち出しか|NHK 関西のニュース
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20200729/2000032964.html‬

絶滅のおそれがあるニホンウナギの稚魚、「シラスウナギ」を不正に国外に持ち出そうとしたとして大阪の59歳の男ら7人が逮捕されました。養殖用の稚魚は国外でも高値で取り引きされていて、警察は男らが不正な持ち出しを繰り返していたとみて調べています。

逮捕されたのは、大阪・泉大津市に住む坪田利昭容疑者(59)と、千葉県成田市に住む韓国籍 趙仁成容疑者(54)ら男7人です。

警察によりますと、7人はことし1月、関西空港から香港に向かう航空便で、シラスウナギおよそ60キロを不正に持ち出そうとしたとして関税法違反の疑いが持たれています。
税関の職員が、4人の男のスーツケースからシラスウナギを見つけて押収し、警察に連絡したもので、その後の調べで坪田容疑者が趙容疑者からシラスウナギを仕入れたうえで男らに報酬を支払い、持ち出しを依頼していた疑いが分かったということです。

調べに対して、坪田容疑者は容疑を認め、持ち出し役の1人は「数年前から繰り返していた。報酬は1回5万円だった。香港では韓国人に稚魚を渡した」などと話しているということです。

ニホンウナギは、国際機関によって絶滅危惧種に指定されていますが、関係者によりますと、ウナギの需要は海外でも高まっていて、養殖用の稚魚は高値で取り引きされているということです。

警察は、組織的に不正な持ち出しを繰り返したとみて調べています。


続きを読む

Source: 厳選!韓国情報