特亜

菅官房長官「わが国の防衛や緊急時対応に直接必要となる情報ではないが、韓国の終了通告は安全保障環境を完全に見誤った対応」

投稿日:

1: シャチ ★ 2019/11/18(月) 13:52:57.22 ID:CAP_USER
菅義偉官房長官は18日の記者会見で、日韓防衛相会談で日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)をめぐる協議が平行線に終わったことに関し、「韓国政府による終了通告は現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応であり、極めて遺憾だ。引き続き賢明な対応をしっかり求めていきたい」と重ねて強調した。

協定失効に伴う影響については、「わが国の防衛や緊急時対応に直接必要となる情報は、わが国独自の情報収集に加え、米国との情報協力により、万全の態勢を取っている」と説明。「GSOMIAは補完的な情報収集を行うための情報交換だ」と指摘した。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000055-jij-pol

▽オススメ
韓国がGSOMIA破棄を撤回できない真の理由が明らかに! すべては文在寅の責任だった!

続きを読む

Source: おーるじゃんる

-特亜

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.