保守

ヴィーガンさん、飼い猫の餌からもお肉を排除 ←虐待だろ

投稿日:

1: リバースパワースラム(神奈川県) [US] 2019/11/18(月) 14:48:29.18 ID:gli3dX0L0● BE:295723299-2BP(2000)
あなたの猫にビーガン食は必要?
完全菜食主義者の飼い主に好評、専門家からは批判も
Denise Roland
2019 年 11 月 12 日 09:50 JST

 ケチャは、まず缶詰の肉をやめた。続いて新鮮な肉も食べなくなった。
いまや厳格なビーガン(完全菜食主義者)だ。しかもケチャは猫である。

 動物虐待への懸念から、またネコ科の友人が二酸化炭素排出量を増やさないように、 一部の人間は愛猫にビーガン食を与えている。そして(本来は肉食性にもかかわらず)猫もそれが気に入っているようだと飼い主は言う。

 「猫用コカインと呼ばれている」。ケチャの飼い主、グレイン・オーキャロルさんはイタリアのビーガン向け キャットフードのブランド「Ami(アミ)」についてこう話す。「猫は非常に気に入って大急ぎで食べ、 すぐさま吐き出すほどだ」

 ケチャの他に9匹の猫を飼うオーキャロルさんは、キャットフードを全てビーガン食にしているが、 アミは特別なごほうびのために取ってある。アミ社はコメントの求めに応じなかった。

 肉や乳製品、卵などの動物性食品を一切食べないビーガンは数十年にわたり、周囲の人々に完全菜食主義の利点を ほめそやしてきたが、今は自分のペットにも勧めている。ビーガン向けペットフードは、ペイパルの創業者 ピーター・ティール氏のような資金力ある投資家の支持を集めている。ティール氏は昨年、ビーガン向け ドッグフードを手がける新興企業ワイルド・アースに50万ドル(5400万円)近くを投じた。
カナダのゲルフ大学の研究チームが今年公表した調査結果によると、ビーガンかどうかにかかわらず、 ペットに植物由来の食事を与えることに関心がある飼い主は3分の1に上った。「ビーガン・キャッツ」と名づけた フェイスブックのグループには8500人のメンバーがいる。

ビーガン用キャットフードを食べるグレイン・オーキャロルさんの飼い猫たち PHOTO: GRAINNE O'CARROLL
no title

 獣医師や動物栄養専門家は、雑食性の犬が肉を食べないことは問題ないと口をそろえるが、
ビーガン向けキャットフードは論争の的だ。彼らの話では「真性肉食動物」である猫は、肉だけに含まれる特定の
栄養素を必要としているという。野生動物は事実上、狩りの獲物から全ての栄養素を摂取する。
それゆえ、完全菜食主義は猫にとって健康な選択肢ではないと主張する人もいる。

 「猫に餌を与える時、テーブルの上には必ず肉があるべきだ」。アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)の医療責任者、
ティナ・ウィズマー氏はこう話す。

以下ソース
https://jp.wsj.com/articles/SB12339696631032474872304586011023028812148

引用元: ・ヴィーガンさん、飼い猫の餌からもお肉を排除 ←虐待だろ


続きを読む

Source: ネトウヨニュース

-保守

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.