保守速.net
https://hosyusoku.net
特亜

【韓国】ソウル市が『軍艦島強制徴用』展示会を開催

1:ななしさん 2019/11/19(火) 10:31:22.63

11月19日から12月15日まで西大門歴史館で進行

ソウル市は、三一運動と大韓民国臨時政府樹立100周年記念事業の一環として、『軍艦島強制徴用』の歴史を取り上げた『軍艦島ヘッドランタン』の展示を、西大門(ソデムン)刑務所歴史館第10獄舎で、19日から12月15日まで開催すると明らかにした。

ソウル市と西大門刑務所歴史館が共同で主催する今回の展示は、日帝強占期時代の朝鮮人強制徴用の歴史を再発掘するために企画された。

no title

今回の展示では、強制徴用で連行されて軍艦島で労役して死亡した朝鮮人の名簿と、実際の強制徴用被害者である故・キム・スンギルさんの生々しい証言が盛り込まれた日記が公開される。

観覧者は15mに達する実際の坑道を再現した構造物を通過し、軍艦島に訪れたような印象を受けるようになっていて、その中で音と映像、視覚物を通じた体験は、軍艦島に対する自然な歴史との一体化が可能である。

同時に2008年から現在の軍艦島を記録した、イ・ジェカプ写真作家の写真が展示される予定である。

展示開始日であるこの日は、軍艦島と朝鮮人強制徴用、朝鮮人原爆被害に関するトークコンサートが予定されている。

三一運動100周年ソウル市記念事業のソ・ヘサン総監督は、「観覧者が実際の坑道を再現した構造物を通過して、軍艦島に訪れたような印象を受けるだろう」と言いながら、「視・聴覚展示物を通じて、自然に強制徴用という痛切な歴史を自ら体験するようになるだろう」と明らかにした。

ソウル市福祉政策課のイ・ヘソン 課長は、「今回の展示に多くの市民の皆さんの参加をお願いしたい」と明らかにした。

http://www.newspim.com/news/view/20191119000186


続きを読む

Source: 厳選!韓国情報