特亜

【韓国海軍】7万トン級中型空母建造を検討していた「英国のクイーンエリザベス級空母を念頭に、予算問題のためにあきらめた」  

投稿日:

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/10(木) 18:33:23.95 ID:CAP_USER

韓国海軍が空母建造事業を推進し、7万トン級の中型空母の建造を検討していたことが分かった。

国会国防委員会所属の崔宰誠(チェ・ジェソン)共に民主党議員は10日、海軍が大型輸送艦-II計画を確定するために行った研究過程で、中型空母と軽空母の2つの案を検討したと明らかにした。海軍が考慮した中型空母は全長298メートル、満載排水量7万1400トン。固定翼航空機(戦闘機、支援機)32機と回転翼航空機(ヘリコプター)を共に搭載できるよう建造される予定だった。乗組員は操縦士・整備士など航空人員640人を含む1340人だった。

軽空母は全長238メートル、満載排水量4万1500トン。固定翼航空機12機と回転翼航空機8台を同時に搭載する。乗組員は720人(航空人員320人含む)。

崔宰誠議員によると、海軍は取得費用と取得期間を総合した結果、最終的に軽空母に決定した。中型空母の予想取得費用は5兆4000億ウォン(約4860億円)、軽空母は3兆1000億ウォンだった。
https://news.livedoor.com/article/detail/17211337/


続きを読む

Source: おーるじゃんる

-特亜

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.