保守

【俺たちの文在寅】韓国、大統領の成長政策で失業者が増加、失業保険が枯渇。穴埋めは23%の増税で

投稿日:

1: マンクス(大阪府) [ニダ] 2019/09/13(金) 22:22:53.17 ID:q6/PJ6Rq0 BE:784885787-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
勤労者の年間の雇用保険料負担額が10月から約6万3000ウォン(約5700円)増える。
事業主の負担額も年間で約36万6000ウォン増えることになる。文在寅(ムン・ジェイン)政権の
所得主導成長政策で最低賃金が急上昇したことによる副作用で雇用が減少し、失業者が増加したため、
失業給付を行う雇用保険基金が枯渇の危機に直面し、窮余の策として打ち出した措置だ。

 韓国政府は9月10日、閣議で10月から雇用保険失業給付勘定の保険料率を現行の1.3%から1.6%へと
0.3ポイント引き上げることを盛り込んだ雇用保険法徴収法施行令改正案を決定した。
雇用保険料は勤労者と事業主が分担するが、
今回の措置で勤労者と事業者が支払う雇用保険料は現在よりも23%上昇することになる。

■年間27万ウォンから33万ウォンに
 雇用労働部によれば、今年勤労者が支払う雇用保険料は平均で月額2万2746ウォン、
年間で27万2952ウォンだったが、今回の措置で月額5249ウォン、年間で6万2988ウォン上昇し、
10月からは月額で2万7995ウォン、年間で33万5940ウォンとなる。また、事業主(事業所1カ所)が支払う雇用保険料は
平均で現在の月額13万2368ウォン、年間で158万8416ウォンだが、月額で16万2914ウォン、
年間で195万4968ウォンとなる。それぞれ3万546ウォン、36万6552ウォンの上昇だ。

政府が雇用保険料を引き上げるのは、雇用保険基金の大部分を占める失業給与勘定が枯渇の危機に直面したからだ。
文在寅政権発足以降、失業給付の支給額は過去最高を更新した。今年4月の失業給付支給額は7382億ウォンで、
初めて7000億ウォンを超え、5月は7587億ウォンで過去最高を更新。さらに、2カ月後の7月は7589ウォンで
再び過去最高を塗り替えた。今年通年で支給される失業給付は8兆ウォンを超えるとみられる。
8月に失業給付を受け取った人は約47万3000人で、前年同月に比べ8.5%増えた。

引用元: ・【俺たちの文在寅】韓国、大統領の成長政策で失業者が増加、失業保険が枯渇。穴埋めは23%の増税で

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ

http://parts.blog.livedoor.jp/plugin/ldblog_rss_plugin.js

new ldBlogRssPlugin('http://www.2chmatome2.jp/rss?c=news', '5', '_blank', 'ldb-rss-1659784');


続きを読む

Source: ネトウヨニュース

-保守

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.