特亜

韓国KBS「日韓漁業協定が合意に至らないのは日本の過度な要求のせい」

投稿日:

1:話題のニュース 2018/10/13(土) 10:08:31.31
レコードチャイナ 2018年10月12日(金) 21時20分

2018年10月11日、韓国・KBSによると、日韓漁業協定が合意に至らないまま3年目を迎えていることについて、韓国政府が「独島(日本名:竹島)周辺の日韓中間水域の意味を失わせる日本側の過度な要求が原因」との立場を示した。


韓国海洋水産部のキム・ヨンチュン長官は同日、国会農林海洋水産委員会の国政監査で関連の質問を受け、竹島周辺の日韓中間水域での交代操業(円滑な操業のため、両国が交代で漁場を利用する)について「漁業者と民間人で交渉するべきというのが韓国の立場」と説明した。

その上で「しかし日本は交渉に公務員や政府が介入し、履行保証も政府がしようと言う」とし、「そうなると、韓国の立場としては、独島周辺の日韓中間水域の地位が脅かされることになりかねない」と指摘した。

また、「日本はこれを両国経済水域の相互協議の前提条件にしている」とし、「日韓漁業協定にも、2015年の合意にも反するため、交代操業と両国の経済水域問題は分離して協議するべきだが、話が進まず残念だ」と述べたという。

これに対し、韓国のネットユーザーからも

「日本は100年後も立場を変えないだろう。韓国も同じように、一歩も引き下がってはならない」

「早まってはいけない。独島は日本との交渉対象にならないのだから」

「独島周辺は中間水域ではなく韓国の領海だ。日本人は民間人でも接近禁止」

「漁業協定を破棄すべき。韓国の主権が侵される協定は絶対に駄目」

など、日本を警戒するコメントが数多く寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b651784-s0-c10-d0058.html


続きを読む

Source: 厳選!韓国情報

-特亜

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.