特亜

蓮舫氏、韓国問題に言葉を濁す「個人としての評価は差し控える」

投稿日:

com_gen_5437128_images_n-RENHO-628x3141:ななしさん 2019/07/11(木) 20:43:37.64
zakzak

立憲民主党の蓮舫副代表が10日、都内各地で、参院選(21日投開票)の街頭演説を行った。党内きっての論客とあって、国民的関心事である「日本政府による韓国向け半導体素材の輸出管理強化」や、「ハンセン病患者の家族訴訟での控訴断念」などの意見を聞こうとしたが、演説内容は安倍晋三政権の批判ばかり。終了後、蓮舫氏を直撃した。

「今日は、皆さんに子育ての視点から政治に興味を持ってもらいたいと思う」「少子化問題は30年前から分かっていたが、政治は手をつけてこなかった」

蓮舫氏は10日午後、東急田園都市線の二子玉川駅前で、こう語り始めた。 自身も閣僚を務めた民主党政権は3年3カ月も続いたはずだが、「予算は安倍首相のモノなのですか?」「(高性能ステルス戦闘機『F35』の)購入費1兆円を待機児童対策になぜ回さないのか?」などと、いつの間にか、安倍政権への批判一色となったまま、演説は終わった。

新聞やテレビを連日にぎわしている「韓国向け半導体素材の輸出管理強化」や「ハンセン病患者の家族訴訟での控訴断念」の話題は一切出なかった。

そこで、演説終了後、韓国問題に絞って直撃し、見解をただした。

蓮舫氏は「不用意に日韓関係を緊張させるのは両国とも望んでいないと思う。選挙期間中に(対韓輸出管理強化を)安倍晋三首相や(世耕弘成)経産相が判断した。政府の姿勢を公の場所で聞き、説明をいただかなければ、(党としての)対応策を考慮するのには足りない」と返答した。

数々の暴挙で、日韓関係を緊張させたのは韓国ではないのか。 記者は物足りなさを感じ、政治家個人として、政府の対応をどう評価するか聞いた。

すると、蓮舫氏は「個人としての評価は差し控える」と語った。 記者が「なぜ、差し控えるのか?」と問うと、蓮舫氏は「まだ、党としての見解をまとめていないから…」と口を閉ざした。

副代表まで務めながら、自分の評価を語れないのか?(報道部・村上智博)

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190711/pol1907110006-n1.html


続きを読む

Source: 厳選!韓国情報

-特亜

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.