保守速.net
https://hosyusoku.net
保守

【入国管理センター】拒食症のクルド人男性を仮放免 2年ぶりに出所

1: みつを ★ 2019/07/07(日) 22:02:48.25 ID:auCip6C+9
https://mainichi.jp/articles/20190706/k00/00m/040/022000c

入国管理センター、拒食症のクルド人男性を仮放免 2年ぶりに出所
毎日新聞 2019年7月6日 09時07分(最終更新 7月6日 09時07分)

 入国管理法違反の疑いで収容されていたクルド人男性、ユジェル・マーモットさん(32)が先月末に仮放免が認められ、4日午後、約2年ぶりに収容先の法務省東日本入国管理センター(茨城県牛久市)から出た。難民認定を求めているが、収容中に拒食症と診断された。

 ユジェルさんは4日、取材に「難民申請が認められずストレスだ。クルド人は難民だからトルコに戻ったら命が危ない」と語った。日本人女性と結婚し関東地方に住む親戚に引き取られた。収容について「狭い所に閉じ込められ、ストレスで食べ物や水を吐いた。喉が痛い」と訴えた。

 ユジェルさんは2010年9月、トルコから成田空港へ入国し難民申請。東京都品川区の入管施設から17年5月に牛久市のセンターへ移った。牛久市に移ってから体重は約30キロ減ったという。

 収容者への面会を続ける「牛久入管収容所問題を考える会」の田中喜美子代表は「収容期間が半年以上の人が大半で、追い詰められている人もいる。入管行政の人権感覚は国際的にみておかしい」と話した。【安味伸一】

仮放免が認められ、東日本入国管理センターを出たユジュル・マーモットさん=茨城県牛久市内で2019年7月4日、安味伸一撮影
no title

引用元: ・【入国管理センター】拒食症のクルド人男性を仮放免 2年ぶりに出所

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ

http://parts.blog.livedoor.jp/plugin/ldblog_rss_plugin.js

new ldBlogRssPlugin(‘http://www.2chmatome2.jp/rss?c=news’, ‘5’, ‘_blank’, ‘ldb-rss-1659784’);


続きを読む

Source: ネトウヨニュース