特亜

韓国紙「外交力を育ててトランプに東海と言わせろ」

投稿日:

1:ななしさん 2019/06/20(木) 01:18:53.06

朝鮮日報 イム・ミンヒョク論説委員

最近、韓国政府は米国のマスコミに「東海(East Sea)」を使って欲しいと要請をして成功直前まで行ったという。紙面・画面に使う地図に「日本海(Sea of Japan)」表記していたものを「日本海/東海」に変える内容だった。しかし、トランプ大統領が先月、駐日米軍基地で演説した時「日本海」と公開的に発言したせいで失敗に帰したという。米国のマスコミ関係者はこの話を伝えながら「ひとまず保留したが、完全な失敗に終わったのではないと聞いている」と言った。


米国は公式にすべての公海に対し1つの名称だけ使う。米地名委員会(BGN)が東海に対して決めた表記は「日本海」だ。私たちとしては受け入れられないが、米政府の基本方針がそうなっている。しかし、これが変更不可の絶対原則ではない。バージニア州は新しく作る教科書に東海を日本海と一緒に使っている。韓人団体が永く精魂を込めた結果だ。

米マッカーサー将軍記念館の地図は「日本海」表記されていたが、私たちび側の要請で「東海」に変わった。何年か前、米ペンタゴン内に設置された6・25戦(朝鮮戦争)記念館を訪問した際、展示物の地図は全部「日本海」とされているのを見て問題を提起したことがある。「韓米同盟を賛える展示物だから韓国の立場を配慮できるのではないか」と言ったところ案内の米軍将校が「一理ある。多分、別に(「東海」に変えろという)要請がなくてそのまま原則通りしたのだろう」と言った。たたけば開かれるという話に聞こえた。

「東海表記」問題は韓日関係でもう一つの雷管だ。足下の火である強制徴用や慰安婦問題に比べればゆるく見えるが「東海/日本海」をめぐる韓日戦は予告されている。世界の海の名前の国際的標準を決める国際水路機構(IHO)は「来年4月に開かれる総会まで韓日が東海名称を協議して報告せよ」とした。世界地図製作指針書であるIHOの「海洋と海の境界」は日帝強制占領期間の1929年初版から「日本海」を単独表記し今に至るまで維持しているが、90年ぶりに変更の可能性ができたのだ。私たちの情緒上では「東海単独表記」になるべきだが、国際条件を勘案すれば「日本海/東海」併記になるだけでも大きな進展だ。

すでに韓日間の非公式協議は始まっており、各国の支持を得るための世論戦も進行中だ。世界各国の出版物が「日本海/東海」を併記する比率は着実に増えて20~30%水準に達すると分かった。日本は「日本海が国際的に確立された唯一の呼称」という論理を刻印することに総力戦を広げている。日本自民党は最近、領土主権に関する研究機関を設置するという公約を掲げたが、これは「日本海」「竹島」主張を後押しする根拠を探すことが目的という。

これまで、私たちの外交は韓日間葛藤懸案で先制的対応をするより世論が沸き立った後に収拾する姿勢を繰り返した。そうするうちに解決法が見つからなければ反日感情に期待し、問題をさらに悪化させた。冷徹な戦略と実力がなければ来年も同じ場面を見るほかはない。トランプが日本で「日本海」と言ったことを私たちの外交上の失敗とする必要はない。米日同盟を強調する席で米海軍の様々な作戦レベルに言及する過程で出た言葉にすぎないからだ。

私たちはトランプが韓国にきて駐韓米軍の前で演説する時、「東海」という発言を引き出すことができる外交力を備えれば良い。米国の表記方針があるというが、詳細な原則にしばられないトランプならば私たちのやり方次第だ。「無能」「失策」の汚名を着ている私たちの外交が、そのような反転の力量を見せられるだろうか。


http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/06/18/2019061803493.html


続きを読む

Source: 厳選!韓国情報

-特亜

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.