保守

ロシアが特殊部隊用のバギーを開発、さっそくシリアに投入し住民を虐殺、もう完全に実験場だろ…

投稿日:

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [CN] 2019/05/14(火) 23:10:55.88 ID:ms17dYkC0 BE:971283288-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif

このバギーは、ロシア及び世界各地の極めて通行困難な山岳地帯や森林地帯で武装勢力と戦うことを目的として開発された。
 5月9日にモスクワで行われた戦勝記念パレードにおいて、ロシア軍は最新の開発品を公開した。多機能攻撃バギー「チャボルズM3」だ。ロシア軍にはこのような車両は今までなかった。

ロシア初のバギー

務に合わせた装備がなされている。運転席にハンドルやシフトレバー、ペダルなどがあるのは当然だが、機関銃手と擲弾射手の座席は、
各兵器用の固定台や弾薬が備えられた個別の「巣」となっている(なお、座席にはいかなるタイプの火器でも――米国製でも、イスラエル製でも、中国製でも――取り付けることができる)。

 機関銃手は、軍人の言い方に倣えば、「前方範囲」全体に対して責任を負っている。
つまり、車両前方の180度の範囲にいる戦闘員の掃討と敵の陣地の突破を担当している。
擲弾射手は、車両後方の敵を擲弾で仕留める。

このバギーは多機能で、地域を偵察したり、襲撃作戦を遂行したり、移動前哨基地として機能したり、特殊部隊を移送したり、
武装勢力の戦闘員を特定の場所で包囲したりと、実に幅広い任務に対応できる。

 軍関係者の話では、軍にこうしたバギーが登場したのは、21世紀の兵士の諸特徴に対応するためだという。

 「現在の戦闘活動は、激しさの差はあれ、つまるところ局所的な紛争だ。
したがって戦闘班は機動的に反応することが求められるようになった。30分で必要な場所に行き、民間人や護衛部隊を攻撃するパルチザンや武装勢力を掃討しなければならない」
とロシア特殊部隊大学の教官の一人であるアンドレイ氏(本人の希望で姓は伏せている)はロシア・ビヨンドに話す。

https://jp.rbth.com/lifestyle/82012-roshia-tokushubutai-you-no-bagi

no title

no title

山岳地帯でも時速130キロで現地住民を逃がさない。

引用元: ・ロシアが特殊部隊用のバギーを開発、さっそくシリアに投入し住民を虐殺、もう完全に実験場だろ…

(´・ω・`)<話題になってるニュースだよ

http://parts.blog.livedoor.jp/plugin/ldblog_rss_plugin.js

new ldBlogRssPlugin('http://www.2chmatome2.jp/rss?c=news', '5', '_blank', 'ldb-rss-1659784');


続きを読む

Source: ネトウヨニュース

-保守

Copyright© 保守速.net , 2019 All Rights Reserved.